So-net無料ブログ作成
検索選択

ロギアも殴れる覇気とはなんぞや? [覇気]

覇気は言葉としては高い意欲・意志という意味を持っていて、ワンピースにおいては精神力や肉体力を物理的に放出するチカラ(特殊能力)のことです。意志力=チカラみたいな感じで使われていますね。

武装色、見聞色、覇王色の3種類があり、覇王色は努力で身につけれるようなものではなく資質に左右されます。

[ユーチューブ共有動画 レイリーの覇気]


武装色の特徴
鎧のような鋼鉄を身にまとう。肉体強化。

見聞色
相手の思考を読む。網のようなネットワークを張り感知するんだと思う。

覇王色
手に触れることなく威圧をかけれる。脳や神経を刺激し気絶させるんだと思う。


武装色は非常に分かりやすくて攻撃・防御に使う特殊能力です。ロギア系の実態を捉える事ができ、対ロギアに対しては武装色の覇気が無いと太刀打ちできません。武装した肉体の部分がまるで硬い鉄のように黒く変色します。

コミックではヴェルゴ、ルフィ、スモーカーが黒く変色したやつがそうです。

ルフィ海賊団ではコミック71巻のSBSによるとゾロが優れています。今後戦闘で見れるのかな?


見聞色の覇気は攻撃を避けたり、未然に防ぐことができます。エネルは特に秀でていたので(ゴロゴロの実の能力のおかげもある?)大規模に大勢の思考も読むことができました。基本的には相手の思考を感じ取りどんな動きをするのか感じ取ります。逆に相手がなにも考えていないと意味をなしません。例えばルフィのゴムゴムのタコがそうです。自分も攻撃できない代わりに自分の思考を読まれることはありません。

ルフィ海賊団ではサンジが優れています。ドレスローザで狙撃しようとしていた人に気づきましたね。


覇王色の覇気は威圧するチカラです。物理的攻撃では無くおそらく脳なんかに働きかけ相手を気絶させてしまう特殊能力です。

ルフィ海賊団ではルフィだけです。魚人島で5万人のホーディ側の海賊を気絶させました。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

ルフィVSホーディ ルフィの前ではただのジャンキー [ルフィ編]

ルフィ
ゴムゴムの実のおかげ度


ホーディ・ジョーンズ
ES(エネルギーステロイド)のおかげ度
★★★★★

新世界の始めの島「魚人島」で繰り広げられたルフィVSホーディ・ジョーンズの戦いは余興にすぎませんでしたね。実力差は明白でホーディ・ジョーンズはエネルギーステロイドの薬のチカラのおかげでルフィの攻撃を耐えていたにすぎませんでした。

この戦いで気になったのがルフィの必殺技ゴムゴムのレッドホークじゃないでしょうか?

[ユーチューブ共有動画 ゴムゴムのレッドホーク]


コミックでは炎を拳にまとったかなり強烈なギアセカンドのゴムゴムのブレッドのように見えましたが、アニメでは「え、ルフィ、エースのメラメラの実食べたの?」と誤解してしまうような演出でした。

もちろんそんなわけはなく、ギアセカンドによる蒸気かパンチの速度による摩擦かなにかが発火の原因だとは思っていますが・・・。これ喰らってもホーディはまだ立ち上がるんだからエネルギーステロイドかありやばい薬ですね。

またこの戦いではルフィの覇気レベルというかまだコントロールできてないという部分がチラッと垣間見えました。ホーディ・ジョーンズに噛まれた時ルフィは「まだ俺の覇気じゃこういうのはだめだな」って言ってましたよね。

コミック71巻のSBSで書いてあった通りルフィは覇王色の覇気が得意覇気なので武装色の覇気は得意では無いため鎧のように体を守るのは苦手という意味でしょう。ちなみにゾロは武装色の覇気が得意覇気なので鎧効果で防御力が高いのかもしれません。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。