So-net無料ブログ作成

ルフィ対アーロン ルフィの前では自慢の鼻もただの飾り [ルフィ編]

当時コミックを読んだ時、正直アーロンの存在にはびびっていた。人の10倍もの腕力のある魚人族が相手だし、アーロンが打ち水やったらゾロもサンジもやられかけたからだ。ルフィの攻撃に対してもゴムゴムの槍を喰らうまでは全然ダメージが効いてない様子だったし。

でも結果を見てみればルフィの方が実力的に上であったことがわかったわけだ。アーロンは持前の腕力を生かしてルフィのような力技の戦術かと思いきやサメの魚人だけあって戦い方は自慢の顎と歯を使った戦法だった。打撃の効かないルフィにとって刃系の攻撃はダメージになるので痛いところ。

ルフィ
能力のおかげ度


実力的にはどうみてもアーロンより上であったので能力のおかげ度は低くした。しかし、ルフィの「地面に足が刺さって抜けない」という間抜けさを切り抜けられたのはゴムゴムの伸びる体のおかげだ。ゴムの体のおかげで水圧にも耐えれただろうし首が伸びなければ海の底で窒息でやられていたはずだ。また決定打となったゴムゴムの戦斧(オノ)、伸びるゴムのおかげで最上階から地上まで叩き付けれることができたわけだ。


アーロン
種族のおかげ度
★★★★★

トゥースガム(サメの歯)、シャーク・オン・ダーツ、打ち水という技があったが、魚人族ならではの技だ。トゥースガムのおかげでルフィにダメージを負わせることができたようなもの。キリバチはノコギリ刀なのでルフィの弱い斬撃だが大した攻撃では無かった。自慢の鼻もルフィの前ではただの鼻だった。

[ユーチューブ共有動画 アーロンの鼻へし折る]


この対決はただアーロンを倒せば勝ちというものでは無く、完全に勝つなら少しでもナミの辛い過去をも潰すことが重要だった。ルフィはアーロンにとどめを刺すと同時にアーロンパークも破壊したのでこの対決はルフィの完全勝利だ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。